ティーポットにこびりついた汚れの落とし方

クイストゴーデザインのティーポット(ルネ、レリーフシリーズ)、キャサリンホルムのロータス

お気に入りのティーポット、こまめに洗っていれば汚れがこびりつく事はないけれど、
年期の入った汚れが付いたものは、落とそうと思ってもなかなか落ちません。特に蚤の市やアンティークショップのものは洗わず長い間放置されていたのもがほとんどなので、ポットの中身は真っ黒なことがよくあります。そんな汚れをゴシゴシ擦らずに簡単に落とせる方法です。


1、沸騰したお湯をポットに注ぐ。
2、ペーキングパウダーを適量(ティースプーン2杯ほど)入れて数時間放置する。
3、水を捨てて、きれいにゆすぐ。(もし汚れが少し残っていたら、たわしなどで落としてください。軽く擦る程度で簡単に落ちます。)

上記の方法で、クロニーデン社クイストゴーデザインのコーディアルシリーズのティーポットを実際に洗浄してみました。

ティーポット内側全体に抹茶色ですが、

こんなに綺麗になりました。

もし頑固なお茶の汚れに困ったいたら、是非試してみてください。

広告
カテゴリー: 雑貨関連 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中