Fastelavnの準備

毎年2月になるとFastelavnと呼ばれる行事がデンマークであります。

お姉ちゃんが作った王冠をかぶった弟。一応、王様に仮装したつもり。

Fastelavnの日には子供達が仮装をしてFastelavnソングを歌いながら近所を回り、Fastelavnsboller(ファステラウンのパン)・お菓子やお小遣いをもらったりするという、ハロウィンに似た行事です。ずっと昔は子供だけでなく大人も仮装しFastelavnを楽しんでいたようですが、現在は幼稚園や学校で子供を中心に行われています。イースターから7週間前の日曜がFastelavnで(今年は2月19日)、悪の象徴とされている黒猫を樽にいれ外から棒で樽をたたき割るというものでした。現在は黒猫の代わりにお菓子を使用。

子供にとって仮装して登園・登校するのはとても楽しいものです。幼稚園の女の子はプリンセス、男の子はスパイダーマンというのが定番ですが、小学生になると物に仮装している子も多くてとても面白そうです。現在4歳8ヶ月のうちの娘は、妖精に仮装したいということでドレスを作る事にしました。

シルク?っぽい白地に梅のような花が織り込まれている布地。ずっと昔に義母の両親が中国から物を輸入していた当時に購入したもの。

 

服を作る上で、一番面倒な裁断まで終了! シンプルなドレスなのでパーツは少ないです。

面倒な作業は終わってるので、あとは縫うだけです。娘が満足いくドレスに縫い上げる事ができるといいのですが。。。

 

 

広告
カテゴリー: 伝統・行事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中