デニッシュペストリー

日本ではデニッシュパン/ペストリーと呼ばれている、バターをたっぷり使用した美味しいけどカロリーの気になるパンですが、ここデンマークではwienerbrød(ウィーンのパン)と呼ばれています。1700〜1800年代に多くのパン職人がオーストリア、スイスからデンマークにやって来てパンを作っていたそうで、ウィーンのパン職人が作った ”Plundergebäcken”というパンがwienerbrød(ウィーンのパン)の名前の由来らしいです。Plundergebäckenは重ためのパンだったので、これに卵やバターを加え改良していった結果、軽くてサクサクしたデニッシュパンが出来たというわけです。

デンマークのパン屋には、たくさんのデニッシュパンが売られていますが、中でも私が一番気に入っているのはtebirkesという、上に芥子の実が乗っているデニッシュです。

芥子の実のプチプチした食感がたまらない!

Egersundケーキ皿を使用。)

横から見た図。中には溶けて固まった砂糖がたっぷり入ってます。

甘いものが好きな人にお勧めのパンです。コーヒーと一緒にいただくと最高ですよ。

広告
カテゴリー: 北欧の食・レシピ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中